ルテイン 効果

ルテインは意識して摂取すべし

目を守るルテインとは?

紫外線などの強い光ストレスからくる目の疲れなどによる目への酸化ダメージを遮ってくれるのがルテインです。ルテインはカーテンのように光やスマートフォンなどの刺激から目を守ってくれる役割を果たしています。もしこのルテインが不足してしまうと、目の疾病を起こしてしまう可能性があります。

 

 

代表的なのは白内障緑内障加齢黄斑変性症などがあり、ルテインの摂取によって病気の予防や症状の軽減が期待できると言われています。

 

野菜から摂取するのが難しいルテイン!

ルテインは体内で生産されないため食品などから摂取することが必要です。

左の図のようにほうれん草には他の植物の10倍以上含まれています。でもルテインはルテインだけを摂取しても効果がありません。ルテインを運んでくれるアントシアニンと一緒に取る事によってルテインは一層働きや吸収率も高まります。そしてルテインとセット存在するゼアキサンチンも併せて取らないと効果が出ない事に注意してください。ルテインゼアキサンチン一緒に働き、目にとって一番悪影響のある青色光を吸収して、その外を防ぐ働きをしています。ルテイン、ゼアキサンチン、この2つが不足してしまうと、活性酸素が活発になって黄斑が出てしまいます。

 

ルテインはアントシアニンとセットで摂取するべき

ルテインはアントシアニンとセットで摂取した方が良いんです。こちらのサイトFをご覧下さい。

Hi-Filはビルベリー抽出物との同時摂取によって吸収性が45%から79%増加されるルテインである。

との記載があります。Hi-Filというのはルテインの品種で、ビルベリー抽出物っていうのはつまりアントシアニンの事なんですね。このデータから見ても、ルテインはアントシアニンと同時に摂取する必要性がある事が伺えます。

 

摂取量の目安としては一般的に6mgから10mgと言われていますが、病気予防でしたら1日20mg、そして治療目的でしたら40mgぐらいは摂取するといいでしょう。

 

ルテインの不足と副作用

眼科以外でもルテインが不足した結果肝硬変や肝臓ガンを引き起こすという要因となることが多くの臨床結果からわかっています。ルテイン不足は深刻な疾病を引き起こしてしまいますので日常の摂取が必要です。
長時間車の運転をされる人や、オフィスワークでコンピューターに向かう時間が長い人、目の疲れを放っておくと大きな疾病となってしまうこともあるのです。

 

 

天然のルテインはマリーゴールドというオレンジの花から抽出されています。こちらには副作用の害は報告されていません
しかし合成の場合は石油を原料にしていて目のかゆみ腫れ喘息胸焼けなどの症例がありますのでご注意ください。