蒸しタオル 目

目の疲れに効果がある方法

目を閉じたときに目の奥にジーンとくる目の疲れ。目を開いたときにはチカチカしてしまって焦点が定まらないこともありますよね。それでも起きている限り人間は目を使います。
目の疲れを効果的に取る方法をいくつかご紹介いたします。

 

 

目薬の使用

潤いを与えられる即効薬です。ただつけすぎはもちろん良くありませんので使用上の注意をしっかり読んでください。標準的なものでは1日に3回以上のご使用はお勧めされていません。

 

マッサージ

目の周りにはたくさんのツボがあり、目の周り少しずつ10秒ほど押すだけで目がすっきりします。疲れ目の場合目の周りの血管や神経が張り詰めている場合がほとんどです。軽い指圧をすることで目の血管や神経のストレッチをしてあげましょう。

 

塩水洗顔

洗面台や洗面器に小さじ1杯の塩をとき、目をつけてパチパチさせます。花粉症のかゆみなどにも効果抜群です。

 

夜空や遠くの景色をみる

目を休ませてあげましょう。近いところや明るいところにいると目は緊張し瞳孔が開きます。その状態を長続きさせてしまうことで目は疲れを溜め込んでしまいます。目の緊張を解くために1時間に1回でも顔を上げて目を休ませるように気をつけてあげましょう。

 

蒸しタオル

熱めの蒸しタオルで目を抑えてあげると気持ちがいいですし、リラックスもできます。目の周りの筋肉がほぐれて血行が良くなるからです。
氷水で冷やしたタオルと交互にやるのも効果的です。