蒸しタオル 目

目薬の「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」について

まず薬には「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」という3つの分類法があります。

 

一般的には

  • 「第一類医薬品」特にリスクが高いもの
  • 「第二類医薬品」リスクが比較的高いもの
  • 「第三類医薬品」リスクが比較的低いもの

 

ですので、症状に合わせてまずはリスクの低いものからご使用される事をお勧めします。ではこのリスク分類とはどのようにされているかというと医薬品に含まれている成分によって分類されております。

 

 

第一類医薬品」 
 →特にリスクが高いもの。市販経験が少なく安全性評価が確立されていないもの
第二類医薬品」
 →リスクが比較的高いもの。一般的にな風邪薬や解熱剤がこの分野に入ります。取扱の方法によれば大きな危険をはらんでしまいます。
第三類医薬品」
 →リスクが比較的低いもの。ビタミン剤や目薬がこの分野です。治療効果というよりも症状の軽減を期待するものですね。

 

 

ではそんな中「目薬」だけでも「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」この3種類があります。
ドラッグストアなどで売っているほとんどは「第二類医薬品」の商品です。つまり一般的な目薬で「第三類医薬品」の枠よりも少しリスクが高い成分が含まれていることになります。目薬を購入する際には安全でなおかつ負担の少ないという意味でも「第三類医薬品」の商品をお勧めしまします