ゼアキサンチン 効果

ゼアキサンチンも積極的に摂取しないといけない成分!

ゼアキサンチンとは?

目の網膜に含まれるカロテノイドの一種です。
 カロテノイドは自然界に存在する600種類以上の赤色から黄色の天然色素の総称です。
緑黄色野菜はもちろん、とうもろこしパパイヤなどに豊富に含まれていると言われ知恵ます。
ゼアキサンチンは人間の体の中では目の黄斑部水晶体などにルテインとともに存在しています。600種類以上の天然色素で人間の網膜の黄斑部に存在しているのはゼアキサンチンルテインのみです。強力な抗酸化作用を持つ成分で、ルテインとともに目の中に存在しているんです。

 

 

ゼアキサンチンの役割

特に目の健康維持には深く関わっている成分なのがこのゼアキサンチンです。黄斑部を光のダメージから守っています。特にパソコンやテレビなどから発せられる青色の光(ブルーライト)は光の波長が短く、力の強い光であると言われています。そのため目に与えるダメージも大きく、黄斑部は活性酸素が増加しやすいのです。ゼアキサンチンとルテインは活性酸素から黄斑部を守るために有害なブルーライトを吸収する働きがあります。そのため目の健康維持には欠かせない栄養素の1つです。

 

 

目の疾病予防に!

ゼアキサンチンは体内にもともとある成分ですが、40歳を過ぎてしまうと体内では作られません。その上、目の黄斑部に光によってダメージを受けてしまうとどんどん減っていってしまいます。ゼアキサンチンが不足する事で目の疾病が発生する原因にもなっています。ゼアキサンチンはルテインと一緒に摂取しないと吸収されないため、一緒に吸収する必要があります
1日の摂取量は6mgが適量と言われています。1994年にハーバード大学の博士が行った試験によるとゼアキサンチンはルテインを摂取した食事をとったグループと摂取しなかったグループにおいて43%も黄斑変性症の発生率に違いが出ました。